頭痛・首コリへの施術

普段から首肩コリで、疲れがたまると頭痛がするとお悩みの方はとても多いです。

肩コリの原因といわれる僧帽筋は背中から首まで付いているので、同じ姿勢が続き緊張が強くなると、後頭部の循環が悪くなり頭痛を引き起こしやすくなります。


また、後頭下筋という首の奥にある小さい筋肉が緊張したままだと、自律神経にも影響を及ぼしやすく、集中力の低下・睡眠不足・気分の落ち込み・めまい・耳鳴りなどの症状もでやすくなります。

マッサージでは届き辛いところなので鍼での施術をお勧めしています。
緊張が強い時には、鍼に低周波をかけしっかりと緩めます。

普段の生活では、猫背の姿勢だと頭の重みをこれらの筋肉で支える事になるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

感染症対策について

次の記事

1周年を迎えました